検索

七つの大罪 2015


初演:2015年 伊丹アイホール(兵庫)、東京芸術劇場(東京)

ソロヴァイオリンバージョン 2019年 Vabalava(タリン)


上演時間:45分

振付・演出・意訳: 山田うん

音楽:芳垣安洋/クルト・ヴァイル

原詩:ベルトルト・ブレヒト

舞台美術:大津英輔+鴉屋

衣装:池田木綿子

照明 関根有紀子

音響 江澤千香子

舞台監督 原口佳子

出演:ダンス 川合ロン/山田うん

(音楽)芳垣安洋/高良久美子/太田惠資/助川太郎

登場人物は理性的なアナと自由奔放なアナ。二人のアナが二人一役として「怠惰」「高慢」「激怒」「飽食」「姦淫」「貪欲」「嫉妬」というキリスト教の「七つの大罪」に翻弄されずにアメリカ大陸の7都市を旅して、無事故郷に帰るまでを描いた物語です。資本主義社会の発展に対する皮肉をユーモアと比喩を使って描くブレヒトの音楽舞踊劇。打楽器奏者/作編曲家の芳垣安洋が、クルト・ワイルの音楽を大胆に再生しています。ソロヴァイオリンバージョンは太田惠資によるエネルギッシュで甘美な演奏を奏でます。




The Seven Deadly Sin The Premier 2015 Itami AI HALL (Hyogo), 2015 Tokyo Metropolitan Theatre(Tokyo)

Solo-violin version 2019 Vabalava (Tallin)


Duration:45min.

Choreographer Director Translation:Un Yamada

Music:Yasuhiro Yoshigaki, Kurt Julian Weill

The original wor:Eugen Berthold Friedrich Brecht

Scenography:Eisuke Ohtsh (Karasuya)

Costume:Yuko Ikeda

Dancer:2 dancers

Musician:Full ver. Yasuhiro Yoshigaki(per.) Kumiko Takara(per.) Keisuke Ohta(v.),

Taro Sukegawa (g.) Violin solo version. Keisuke Ohta

Intelligent Ana and Bohemian Ana. The two Anas play the role of each other in the seven cities of the Americas without being swayed by the Christian "Seven Deadly Sins" of "lazy", "pride", "rage", "satiety", "fornication", "greed", and "jealous" A story about traveling and returning to the accident-free town. Brecht's musical dance drama, which uses humor and metaphor to describe the irony of the development of a capitalist society. Percussionist / composer and arranger Yasuhiro Yoshigaki boldly plays Kurt Weill's music. The solo violin version is an energetic and beautiful performance by Keisuke Ota.