検索

あたらしいししおどり  2019



初演:2019年 日立システムズホール仙台(宮城)、北上市さくらホール(岩手)

上演時間:15分

構成・演出 : 山田うん

美術 三ツ泉貴幸(STARBOY inc.)

照明:藤田雅彦(金沢舞台)

出演・振付・踊り:川合ロン、山田うん 

   唄・太鼓 長谷川暢

協力 宮城県仙台市福岡鹿踊剣舞保存会

   岩手県北上市行山流口内鹿踊

東北で踊り継がれている鹿踊へのオマージュ作品。男の踊り、女の踊り、唄、太鼓、で構成。鹿供養というテーマを超えてあらゆる生命を讃える喜びと儀礼の形。


写真: Hal Kuzuya





New deer dance



Duration:15 min.

Director Un Yamada

Scenographer Takayuki Mitsuizumi (STARBOY inc.)

Choreography, Dance : Llon Kawai, Un Yamada

Drum, Singing : Toru Hasegawa

Lighting : Masahiko Fujita

This work is homage to Japanese traditional falk deer dance that has been passed on in North of Japan. It consists of a man's dance, a woman's dance, a song, and a Asian drum. A form of joy and ritual that praises every life and soul beyond the theme of deer’s soul.


Photo by Hal Kuzuya