​Dancer

望⽉寛⽃  |  Hiroto Mochizuki

(2019-)

1997年神奈川県相模原市に生まれる。3歳からバレエを始め、中学2年から田中 洋子に師事。

2017年昭和音楽大学短期大学部音楽科バレエコース卒業。同年から2020年まで谷桃子バレエ団に在籍。複数のバレエコンクール受賞。 

大学在学中に高原伸子と小㞍健太によりコンテンポラリーダンスに出会い、辻本知彦・武本賀寿子・柳本雅寬・ 山崎広太・ハラサオリ・中村蓉などの作品にも出演している。

 

主宰している<14.8moon>においては積極的に集団創作に取り組み、さまざまな人・場所・もののつなぎ手として、パフォーマンスに伴うすべての要素が睦み合う関係と環境づくりをめざす。

自主企画としては、2018年『Bottle』、2021年『花うらないと長い道』、2022年『青にうつる 時は溜まる』を上演する。