​Dancer

⻑⾕川暢  |  Toru Hasegawa

(2011-)

太鼓を中心とした楽器演奏とダンスの身体技法、日本人の身体と生活に寄り添うアートとしての民俗芸能に着目するダンサー・和太鼓奏者・音楽家。

 

2009年より和太鼓奏者として東京打撃団、和太鼓一派 志士丸などで活動。

2010年の上海万博やEXILEライブツアーなど国内外の公演に和太鼓奏者として参加。

宮地楽器MUSIC JOYのレッスン講師も務める。

2012年より本格的にダンス活動を開始し、冨士山アネット、未國、おしゃれ紳士×梅棒、加藤みや子、古家優里作品、みんなのしるし『いのちてんでんこ』や日生劇場ミュージカルに出演。

2019年には和太鼓とダンスを全員が兼任するパフォーマンス集団、和太鼓+ダンスユニット<まだこばやし>を設立。「踊る演奏/鳴らす身体」による唯一無二の表現を展開。

Hokuriku Dance Festival即興パフォーマンス演出や、日韓オンラインアート製作などのコラボレーション、シンガーソングライターとしての楽曲製作など活動は多岐に渡り、舞踊と音楽、生活と表現、土地と人などを幅広く繋ぐ"異物"としての表現活動を目指している。

 

2018年ソロ作品「なるほど」にて北海道ダンスプロジェクト NEXT ONE賞受賞