検索

みぎわ 2020


2020年公開 金沢21世紀美術館、オンライン

上演時間:9分


振付・演出 : 山田うん

映像:前伊知郎

音楽:ヲノサトル

衣装協力: writtenafterwards


振付&出演:

飯森沙百合、川合ロン、河内優太郎、黒田勇、田中朝子、西山友貴、仁田晶凱、長谷川暢、望 月寛斗、山口将太朗、山崎眞結、山根海音、吉﨑裕哉

製作:金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]

助成:自治総合センター


2020年春リニューアルオープンした、金沢の新しい玄関口、金沢港クルーズ船ターミナルに、未だクルーズ 船が来ることができません。かつて金沢港の開発工事のためには、大量の海の砂が金石海岸に運ばれまし た。そして金石海岸の景色は大きな砂山ができたことで一変しました。誰もこなくなった海岸。誰もこない 港。空と海、海水と砂、国境、そして過去と今を、私たちの身体は寛容に、汀でつなぎます。



migiwa Duration:9 min.

Premir 2020

Choreographer Director:Un Yamada

Film Director:Ichiro Mae

Music:Satoru Wono

Costume : writtenafterwards

Creation Collaborator Performer:13 dancers


Production: 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

Support: Jichi Sogo Center


No ships will come to the Kanazawa Port Cruise Ship Terminal, which was renewal opened in the spring of 2020. Long time ago, a large amount of sea sand was carried to the Kanaishi beach for the development of the harbor. It made large sand mountains were formed and the coast was devastated. The beach nobody has come. The port nobody comes. Our bodies connect borders, sky and sea, seawater and sand, past and present, with toleration, on the water's edge which means“migiwa”.