検索

モナカ 2015


初演:2015年神奈川芸術劇場KAAT

2016年 Tsumna Theatre(テルアビブ)

2017年Vabalava(タリン)エストニア博物館(タルトウ)、

東市民センターなみきホール(福岡)、ロームシアター京都

上演時間:60分

振付・演出 : 山田うん

音楽:ヲノサトル

照明:関根有紀子

美術:大津英輔+鴉屋

衣装:池田木綿子

出演ダンサー:16名


「モナカ」は和菓子の「最中(もなか)」に着想を得て創作されました。外側が硬く、中身に餡子が詰まっている構造を使っています。序章と終章には硬質な動きで空間が占められ、その間には甘さや柔らかさを含んだ人間模様が満ちています。

日本人独特の身体、テンポ、リズムに拘りながら、めぐりめく四季折々の景色、儚い時間の層について追求した作品です。また、ダンス「モナカ」を記念して、和菓子店や菓子職人がコラボレーション商品としてオリジナルモナカを生産し、ツアーの地域ごとに様々なオリジナルモナカが誕生しています。​


monaka The premier 2015 Kanagawa Arts Theatre (Yokohama),

2016 Tumna Theatre (Tel-Aviv), Vabalava (Tallin), Estonia Museum(Tartu)

Namiki Hall (Fukuoka), Rohm Theatre (Kyoto)

Duration:60min.

Choreographer Director:Un Yamada

Music:Satoru Wono

Lighting:Yukiko Sekine

Scenography:Eisuke Ohtsu (Karasuya)

Costume:Yuko Ikeda

Dancer:16 dancers​


"Monaka" was inspired by the Japanese sweet "Monaka". The outside is hard puff and the inside is packed with red-beans jam. The prorogue and epilogue are occupied by hard movements, filled with human patterns including sweetness and softness like jam.

This is a work that pursues the scenery of the seasons and the layer of ephemeral time, wandering around the Japanese physicality and rhythm.

In addition, in commemoration of the dance "Monaka", a Japanese confectionery has produced original Monaka as a collaboration product, and various original Monaka have been born for each region of the tour.