検索

コスモス 2020-2021


会場 東京芸術劇場(映像版撮影)

   山口情報芸術センター[YCAM](映像版上演、舞台版初演)

   りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館(舞台版)


振付・演出・美術 山田うん

出演 Co.山田うん

飯森沙百合、川合ロン、 河内優太郎、黒田勇、田中朝子、西山友貴、

仁田晶凱、長谷川暢、望月寛斗、山口将太朗、山崎眞結、山根海音、吉﨑裕哉

音楽 ヲノサトル   

照明 藤田雅彦(金沢舞台) 

植物 塚田有一(有限会社温室)

衣裳 池田木綿子

制作 上原聴子

映像版 撮影・編集 前伊知郎 写真 羽鳥直志 庭園や病室、食卓、愛の営み、カオス、お祭り騒ぎ、閉ざされた国境、地上のあちこちにあるありふれた形 をモチーフにしたオムニバス作品。それは2020年コロナ禍に突入したことで生まれた、日常への喪失感も 含まれる。そしてそれらのモチーフはコスモス=宇宙の秩序を表した、渦の群舞へと集約される。


COSMOS 映像トレーラー https://www.youtube.com/watch?v=EfCDfByYVQc










COSMOS


Venue

Tokyo Metropolitan Theatre “Theater East” , Yamaguchi Center for Arts and Media, RYUTOPIA Niigata City Performing Arts Center


Choreography Direction Scenography by Un YAMADA

Music:Satoru Wono

Performer:Co. Un YAMADA

Sayuri Iimori, Llon Kawai, Yutaro Kawachi, Yu Kuroda, Asako Tanaka,

Yuki Nishiyama, Akiyoshi Nita, Toru Hasegawa, Hiroto Mochizuki,

Shotaro Yamaguchi, Mayu Yamazaki, Mion Yamane, Yuya Yoshizaki


Light:Masahiko Fujita

Plants Design:Yuichi Tsukada

Costume:Yuko Ikeda

Production manager:Toshiko Uehara

Photo:Naoshi Hatori

Production:Co. Un YAMADA Garden, hospital rooms, dining tables, life of love, chaos, festivities, closed borders, and etc. This omnibus work consist of these common place's motifs all over the world with lost everyday life in 2020 by covid-19. At the same time, all motifs is summarized in vortices that expresses the movement of cosmos = universe. The premiere was the first film to challenge a new visual expression on the theater stage, concerned about the spread of infectious diseases in Tokyo. Movie(Trailer) https://www.youtube.com/watch?v=EfCDfByYVQc