​Dancer

河内優太郎  |  Yutaro Kawachi

(2015-)

神奈川県鎌倉市出身。16歳から踊りを始める。

大学にて建築学を専攻。後にダンサーへ転向し踊りの世界へ。

ジャズダンス、クラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、ヨガなど様々な身体表現を学ぶ。

これまでに北尾亘、黒須育海、小㞍健太、鈴木竜、長谷川達也等の作品に参加。国内外40ヶ所以上の劇場やアートギャラリー、レストラン等でパフォーマンスを行う。

東京2020オリンピックでは山田うんのアシスタントを務める。

幼少期に急性リンパ性白血病で闘病。経験を活かし、神奈川県内を中心に特別支援学校、病院 (院内学級)、福祉施設、事業所等で、治療中の児童や知的症児、肢体不自由児、発達症児等に向けたワークショップを独自展開。ダンサーとして以外にも講師/インストラクター、療育士、ベビーシッターとして働く一面があり、広範囲なワークスタイルを持ち味に、特に児童にむけた関わり、活動を大切にしている。